コンタクトレンズをしている人がレーシック手術前に必要な準備

コンタクトレンズをしている人がレーシック手術前に必要な準備

普段、コンタクトレンズを使用している人は、角膜にコンタクトレンズの跡がついているので、本来の角膜の形状で検査を行うために、コンタクトレンズの未装用期間が必要となります。

角膜についたレンズの跡は、コンタクトレンズ外すとすぐになくなるものではなく、一定期間コンタクトレンズを外すことで、ゆっくりと元の状態に戻ります。

ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズで未装用期間が違います。

また、以下の期間は平均的な目安であり、角膜が本来の形状に戻るまで個人差があります。

検査の際にコンタクトレンズの跡が残っている場合は、再度検査を行うこともあります。

ソフトコンタクトレンズの場合

使い捨ての場合は、検査前に3日以上外す。

連続装用(夜眠っている間もレンズを付けたままにしている)の場合は、検査前に2週間以上外す。

ハードコンタクトレンズの場合

検査前に2週間以上外す。

※ハードコンタクトレンズを長期装用している人は、角膜の形を元に戻すため、1ヶ月以上外してから手術を行う場合もあります。